太陽光発電損益計算シミュレーション

短時間で、より簡便に、より高精度なシミュレーション結果を知っていただくことを目的にシミュレーションページを作成しました。(このシミュレーションは3分程度で行えます)

住宅用の太陽光発電システムでは、損益分岐点の目安を設置後10年で設定することが重要です。シミュレーションの結果、屋根の向きや設置可能面積など設置条件に恵まれない場合、設置を見送るという判断も必要です。

  • 計算結果は以下のとおりです

損益分岐点を10年以内に収めるために、できるだけ安い値段で太陽光パネルを設置することが重要です。LEDや蓄電池などの省エネ機器を導入するなど、支出額を減らす努力は一定の効果がありますが、ライフスタイルを大きく変えるような省エネには限界があります。

アフターフォローを踏まると、既に太陽光発電システムを設置した方からの紹介や、親族関係にお願いするのがベストですが、知り合いの業者ですと、値段は言い値になることも多いため、適正価格を把握する必要があります。

そのためには、なるべく多くの業者から見積もりを取ることをオススメしますが、相見積もりを個々に取るためには、時間も労力もかかるため、一括で相見積もりが取れるを取れるタイナビなどで、効率的に相見積もりを取得してください。

ここに登録された販売店は、スケールメリットにより、同じ仕事の内容でも、知り合いの業者では到底不可能な値段で設置することも可能であり、一度に最大5社の見積もりがとれ、料金も無料など、実績も豊富で安心感が高い業者です。

太陽光発電

なお、本シミュレーションは、以下の式に基づき計算しています。上記条件に合わない場合は手計算でシミュレーションしてください。また、廃棄費用は設置費用の5%として計算しています。

収入=(売電単価 ×(総発電量 – 自己消費量)+ 買電単価 × 自己消費量)× 方角 × 発電効率の低下

支出= 設置費用(太陽光パネル + 周辺機器 + 工事費)+ ローン金利 + メンテナンス費費 + 定期点検費用 + 廃棄費用 + 固定資産税 + 所得税

スポンサーリンク
楽天ウィジット336280
楽天ウィジット336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天ウィジット336280
コメントの入力は終了しました。