2割引!? すや、川上屋の栗きんとんを最も安く購入する方法

高級菓子としてお土産で貰うとうれしい栗きんとん。栗という原料から考えると割安ですが、1個200円を超える値段設定となっていますので、お土産に買うにしてもついつい購入個数を気にしてしまいがちなお菓子です。この栗きんとん、年中いつでも購入できるわけではなく、多くの店が秋口〜年明け(9月~1月)の季節限定販売となっています。

普通は値引きなどされない栗きんとんですが、ある期間、中津川のある場所で、全品2割引で販売されています。私が知っている限り安く購入する唯一の方法だと思いますので、中津川周辺の観光情報とあわせご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
楽天ウィジット336280

栗きんとんの販売時期

中津川は栗の産地として名高く、中津川市の中心街を少し外れると、そこかしこに栗畑が広がっています。栗と砂糖のみで作られる栗きんとんは、栗の鮮度が重要視されるため、「すや」や「川上屋」など中津川のお菓子屋の多くは、9月~1月の期間限定で栗きんとんを販売しています。

最近では、ネット販売や百貨店での取り扱いなど比較的入手が容易になっていますが、中津川の店舗ではお茶を供するお店もありますので、購入場所や雰囲気を大切にされる方は是非現地まで足を運んでいただきたいと思います。

店の多くは、国道19号沿いなど車でのアクセスがしやすく、観光バスなどの駐車場が整備されているところ、中津川駅周辺に店を構えるところ、旧中山道沿いに店を構えて散策する観光客を迎えるところなど様々です。

栗きんとんを2割引で購入する方法

季節限定で販売される栗きんとんですが、基本的にはどこで購入しても割引はないほどの人気商品です。私が知る限り2割引で買うことができる唯一の方法は、中津川の地元で「お菓子祭り」と言われる「中津川ふるさとじまん祭り」です。

この中津川ふるさとじまんまつりは中津川公園に隣接する中津川市東美濃ふれあいセンターで、毎年10月下旬の土日に開催されます。平成28年度は10月28、29、30日に開催が予定されています。

main-chirashi2016

ここでは、栗きんとんやからすみといった中津川銘菓が、全品定価の2割引以上で販売されているほか、栗きんとんとともに抹茶をいただくコーナーや、木工などの地元工芸品が販売されています。

それ以外にも、2万人に栗ぜんざいを無料で提供するサービスや、中津川市内の名物五平もち店7店舗が一同に会した屋台コーナーがあり、また、隣接する中津川公園には子供が喜ぶ遊具が満載と、1日遊べる人気のイベントとなっています。

中津川周辺には、人気の観光地である「馬篭宿」、「妻籠宿」や、少し足を伸ばせば下呂温泉もあるため、土日を利用した1泊2日の小旅行を楽しむというのもアリではないでしょうか。

ふるさとじまん祭り公式HP
http://n-kanko.jp/jiman/

中津川に行ったら一緒に行きたい観光名所

悠久の趣が残る馬籠宿、妻籠宿

中津川の近くには、「馬篭宿」、「妻籠宿」が立地しており、開発が難しい山の中にあるため、町全体が江戸時代の趣を保っています。写真撮影をしたり、食べ歩きをしたりと、観光客に非常に人気のスポットとなっています。

%e9%a6%ac%e7%b1%a0

馬籠観光協会webページ

五十番の塩焼きそば

B級グルメでおすすめしたのが、中津川駅前の「五十番」。中華料理屋でありながら、訪れる客のほとんどが「塩焼きそば」を注文します。一口目は珍しい味に「ん?」という方も多いですが、備え付けられた自家製ラー油をかけると全く違った味に!バイク乗りがひっきりなしに訪れる名店です。ラー油が気になる方は、お持ち帰りもできますので検討してみてください。

image1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

image1

ところでこの画像、なんだと思いますか?

image2

これは持ち帰り用の塩焼きそばであり、週末の超混雑を避けるため、地元の方は基本テイクアウトで購入していきます。中津川のファーストフードといえば、マックでも寿がきやでもなく、「塩焼きそば」であるといっても過言ではありません。

山本農園でりんご狩り

りんご狩りといえば長野県や青森県を連想されると思いますが、寒暖差の大きい中津川でも良質なりんごが生産されています。その中でもオススメなのは山本農園。一見さんにも嬉しいりんご狩り体験ができますし、1本数万円でオーナーになることもできます。

クアリゾート湯舟沢で温泉&スライダー

中津川から最も近くの温泉といえば、クアリゾート湯舟沢。天然温泉でありながら、クーポン利用で大人600円とリーズナブルな料金設定も魅力の温泉です。
spa-img

クアリゾート湯舟沢webページ

お子さんが小学生であれば、隣接する温水プールも魅力的です。大規模施設に比べると見劣りはしますが、ここのスライダーはあまり並ぶことなく利用できるため、人気の施設です。
pool-img

クアリゾート湯舟沢webページ

クアリゾート湯舟沢
http://nakatsugawaonsen.com

宿泊は下呂温泉で

中津川から国道257号線を北西に向かえば、1時間程度で下呂温泉にアクセスすることが可能です。個人的によく利用する宿は「雅亭」ですが、大小さまざまな温泉があるため、予算と相談しながら宿泊先を選ぶことができるのも嬉しいところです。

まとめ

秋の栗きんとんのシーズンは、名古屋から高速で1時間でアクセスができ、1泊2日の小旅行が満喫できる中津川を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
楽天ウィジット336280
楽天ウィジット336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする